埼玉県川口市の税理士、小林修税理士事務所です。経営計画,相続税についてぜひご相談ください。

受付時間:9時~17時(平日)

無料相談実施中!!是非お気軽にお問い合わせ下さい

事務所案内

小林修税理士事務所について

所長挨拶

ここにきて世の中の流れが早く、常に周りを見ていなくては大変である。 目先にとらわれず、本業又、クライアント各業の動向に注視し続ける必要がある。 一生懸命やるだけの時代は過ぎ去り、今何をすべきか何が求められているのかを改めて考え行動していく時代が来た。 この11月から長男が入所し、平均年齢が大きく若返るとともに事業の見直し、AI、テクノロジーの進歩により我々の業務を含め、各業種においても大きな転換点と、新サービスの提供と明確な方向性の必要性を感じている。 当事務所は次の事に焦点をしぼり、今後の活動をしていくこととなる。

1.HPの見直しによる適時かつ適切な情報の発信と提案、受注
2.徹底したクライアントサービスの実施 事業承継、資産承継、経営改善計画等
3.上記に伴うプロジェクトチームの発足
(イ)新規クライアントプロジェクト
(ロ)事業承継、資産承継プロジェクト(M&A、相続診断等)
(ハ)経理代行の完全実施プロジェクト

小林修税理士事務所

所長略歴
昭和29年
長野県生まれ
平成5年
税理士資格取得

経営理念

「自利利他」の理念の実践とは

TKC全国会の基本理念である「自利利他」について、TKC全国会創設者飯塚毅は次のように述べています。

大乗仏教の経論には「自利利他」の語が実に頻繁に登場する。解釈にも諸説がある。その中で私は「自利とは利他をいう」(最澄伝教大師伝)と解するのが最も正しいと信ずる。

仏教哲学の精髄は「相即の論理」である。般若心経は「色即是空」と説くが、それは「色」を滅して「空」に至るのではなく、「色そのままに空」であるという真理を表現している。

同様に「自利とは利他をいう」とは、「利他」のまっただ中で「自利」を覚知すること、すなわち「自利即利他」の意味である。他の説のごとく「自利と、利他と」といった並列の関係ではない。

そう解すれば自利の「自」は、単に想念としての自己を指すものではないことが分かるだろう。それは己の主体、すなわち主人公である。

また、利他の「他」もただ他者の意ではない。己の五体はもちろん、眼耳鼻舌身意の「意」さえ含む一切の客体をいう。

世のため人のため、つまり会計人なら、職員や関与先、社会のために精進努力の生活に徹すること、それがそのまま自利すなわち本当の自分の喜びであり幸福なのだ。

そのような心境に立ち至り、かかる本物の人物となって社会と大衆に奉仕することができれば、人は心からの生き甲斐を感じるはずである。

事務所情報

事務所名 小林修税理士事務所
住所 〒332-0035 埼玉県川口市西青木5丁目8−16
代表者 小林 修
電話番号 048-251-3288(代表番号)
E-mail sk-support@tkcnf.or.jp
  • 当事務所の外観はこのような感じです。お気軽にお入りください♪
  • 当事務所は3階建ての1階になります
  • スタッフ一同お待ちしております。
無料

相談受付中経験豊富な当事務所のスタッフが親切・丁寧に
お客様のお悩みをヒアリングいたします